「コーチングが怪しい、意味ない、胡散臭いと思われる理由」についてライフコーチが語る

コーチングについて知る

コーチングが胡散臭く、怪しいと感じている人に対して、そう思われる理由について説明します。

私がコーチングに出会った時は、あまり違和感を感じなかったのですが、色々と調べていくうちに怪しいとか、胡散臭いみたいに感じている人がいることが分かってきました。

確かに一度怪しいと感じたら、思えば思うほどに怪しく見えてくるものです。

中には自分でコーチングを受けようかなと思ったのに、誰かに反発された、なんて人もいるかもしれませんね。

分かりにくいもの、初めて取り入れるものを疑うのはある意味当然でもあるので、この記事をご覧になって少しでも、コーチングのイメージを正確に捉えていただければ幸いです。

コーチングが怪しい、意味ない、胡散臭いと思われる理由

大きな理由としては、高額な金額を出して人生が変わるみたいな「現実とかけ離れすぎている」印象があるからかもしれません。

コーチングについて何となく適当に知って批判されている人も多くいるので以下を見て「ホントの事情」を是非知ってください!

コーチングを受けた結果が不明瞭

「コーチングを受けるとどうなる?」と聞かれても「こうなります」って答えることができない。。。

その理由は単純で、サービスとしてコーチングを提供した結果がクライアントによって様々だからです。

しかも多くの結果というのは、ビジネスに成功したとか結婚できたとか、数字も見えないし見えたとしても「そんな簡単になるかよ、、、」みたいにイメージが湧きにくいものだと思うので、仕方がないかなぁと思います。

本来の結果は、コーチングにより気づきを得ることで、一つの固まった視点から抜け出し、自分にとって最善なルートを見つけたり、捉え方を変えられること。

それによってビジネスや人間関係が付随的に向上するのです。

コーチが行っているセミナーが超高額

コーチという肩書がある人がやっているセミナーが数百万円したりしますね。

一般人には手の届きそうにない額面でお金を持っている人がやっている。

で、そんな人が「人生変わった!!」なんて言ってるからもう嘘くさくて仕方ない。

私もそういったのは受けたことがないので、何とも言えませんが。

セミナー=コーチングではないことだけは言えます。

コーチがセミナーをしているのは、コーチングをやった上で学びとして得たもの、考え方などを体系化して提供することでよりスピーディーに人生が好転するためのもの(?)なのではないかと予測できます。

これらはコーチングから見ると副産物なので、コーチのセミナーを受けてコーチングが怪しいと判断するのは、ちょっと違うかなと思います。

コーチが自己啓発セミナーみたいなものを色々とやっている

ちなみに、自己啓発とコーチングも別物です。

コーチングを知らない人にも受け入れられるよう「自己啓発」としているのかもしれません。

しかし、コーチングはノウハウを提供するものではなく、自ら「気づき」を得て解決策を知っていくものです。

コーチングと自己啓発は大きく違う!勘違いされやすいことを詳しく解説します

コーチは大金持ちというイメージがある

人はお金に対して、汚いとか持っている人はセコいみたいなイメージを持ちがちです。

しかも超高額なセミナーをやる人が表舞台に出ているので、疑わしく感じるのも仕方ないでしょう。

コーチの私から見ても少し別枠のようにも感じられます。

そして本来、コーチはお金を稼ぐことだけを促進しているわけでもないです。

自分が納得する生き方ができれば、お金はそれに足るくらいでもと思っている人もいると思います。

色んなコーチがいますから、是非自らの目で確かめてみてください。

「幸せになる」みたいな曖昧な表現が多い

「こんなの感覚論だろ!」

とそろそろ怒られそうですが、

これもクライアントが「気づき」を得て、それによって行動していくから結果として「自分が幸せな気持ちになれる」ということです。

必ずしもコーチングを経て幸せになるだけではありません。

モヤっとすることもあれば、イライラすることもあります。

その試行錯誤を放棄せずコーチと共同して考えていくことで、よりよい人生の選択に結びついたり、自分の意思で行動できるようになっていくというわけです。

ある意味、自己満足につながるから結果的に「幸せになること」は可能なんですけどね。

コーチングを受けた瞬間に人生が変わるわけではない

変わるきっかけになる「気づき」はあるかもしれませんが、基本的にコーチングには即効性がありません。

大体早い人で2~3か月くらい継続すると効果が出てきます。

だから、1回受けた程度では、十分に満足できないかもしれないというのがコーチの本音です。

また、変わったことを実感しにくいこともコーチングの難しいところ。

理想としていた状態が当たり前の現実になるため、変化はしていても効果を感じないという人もいます。

変わった自分を客観的に見ることができれば効果を自分でも確認することはできると思います。

クライアントが自発的でないとコーチングが成立しない

クライアントがお客様になることは間違いないです。

ただ、だからと言って受け身になってやっているとコーチングは成り立ちません。

なぜか。

「コーチが質問したことについて、考え、自分の答えをアウトプットし、内容によっては行動しなければ変わらない」からです。

自分が目指したいところに対して、コーチがやってくれると思って待ってても、何も起こりません。

だから、コーチを信頼して一緒に取り組む姿勢がない人には不向きです。

「コーチングやってみようと思って、お金を払ってみたけど、何もしてくれない」

というのはある意味間違っていないのです。

自ら頑張って何とかしようとする人に対して大きな効果をもたらすのがコーチングです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

まだコーチングについて納得していない人もたくさんいると思います。

そういう人は批判するのではなく、コーチングについて気にすることをやめるか、相性の良さそうなコーチを選んでコーチングを受けてみることをおススメします。

理解もしていないのに文句だけを発信しても無益だからです。

1人のコーチとして、あなたの人生にじっくり向き合い、一緒に歩んでくれるコーチは必ずいるということはここで断言しておきたいと思います。

是非素敵なコーチに出会って、あなたの人生によりよい選択ができることを祈っています💛

→コーチングを始めるあなたに。良いコーチに出会うためのコーチ選びの軸

タイトルとURLをコピーしました